ふわねこの母さん生活。

猫と家族との生活の中で、見つけたこと…家事が楽になる方法や、お勧めしたい本、簡単な弁当作りなどを紹介していきます。

わが家のボスです

ふわねこの母さんと言っておきながら、一度も「ふわねこ」を紹介してなかったのですが、こちらです↓

f:id:pianobloom:20180619092933j:image

数年前に片手のひらにのるサイズ(生後1ヶ月過ぎ)で、急に寒くなった朝に、迷い込んできたのですが、片目はばい菌が入って膿が出ていたし、鼻には小石が張りついているし、お腹にも枯葉がひっついていて、寒くてたまらない様子で近づいてきて…あまりにかわいそうになり、家のドアを開けてあげると…玄関に置いてあげた箱の中で、ラジオから流れる美しいヴァイオリンを聞きながら、スヤスヤと寝はじめたのです。その後ろ姿があまりにけなげで。

 うちは子供達が猫アレルギーがあるので、どうしようかと思ったのですが、家のすぐ隣の道路は車の交通量が多いので、そのまま外に返すのもできず、猫好きではない夫に迷惑そうにされながらも家の中だけで、飼い始めました。

 

動物病院でいろいろ処置をしてもらい、最初の年は数万円も掛かってしまいました。

哺乳瓶で頻繁に粉ミルクをあげたり(また育児が始まったみたいで大変でした)、ケーブルをかじられてWIFIが使えなくなったり、寒いとすぐお腹をこわしたりで、手が掛かりましたが、始めは乗り気ではなかった夫も情がうつったらしく、赤ちゃん言葉や猫語で話しかけたり!、外出していると「何してるかなぁ?」と気に掛けるような変化も。始めは怖くて持ち上げることもできなかった人ですが、今では得意そうに意味もなく持ち上げて、猫にちょっと迷惑がられてる時もあります。

子供達もなぜかアレルギー症状も出なくて

(不思議なのですが…愛の力でしょうか?)、「毛がフワフワしてて、ちゃんと反応してくれる動物がこんなにかわいいとは思わなかった!」(それまで金魚しか飼ってなかったので…)と言うようになりました。

そして「ふわねこ」さんが来てから友達がよく遊びに来るようになり、「招き猫」でもあります。

オスですが、生後6カ月がきたらすぐに手術をしたせいか、マーキングもなく、外に出たがる様子もないです。ちょっとびっくりしたことは、この猫には「引っ掻く」という技を持っていないことです。「噛む」「足でケンケンする」しかできない猫もいるんですね。

 我が家に、いろんな意味で大きな影響を与えた「ふわねこ」さんは、今ではすっかりわが家のボス的存在です…。


f:id:pianobloom:20180619111125j:image

 

 家の中だけで飼うなら、ご近所さんに迷惑を掛けることもないですし、猫がブームというのもわかる気がしてます。

疲れた時の私のリラックス法 その①

あまりに疲れて、話す元気も残ってない…という時の、私のリラックス法の一つが、「お風呂に良い香りの入浴剤を入れて、なるべく何も考えず、のんびりお風呂に入る」という方法です。

暑い日や忙しい日はついついシャワーで終わらせたくもなるのですが、お風呂に入ることは健康に効果があるそうですし、やはり心からリラックスできますよね。

ゆっくりお湯につかっている時は「日本人として生まれて良かった~」と思います。

「気象病」と呼ばれるそうですが、雨が降りそうな時や、台風が近づいてきた時、梅雨時などめまいや頭痛など体の不調を感じやすい時などにも、お風呂にゆっくり入ると、体の不調もだいぶ和らぐように感じます。

そして「お風呂」に入るだけよりも、さらに好きな香り、良い香りの入浴剤を入れた方が、私はリラックスできるようにいつも感じるので、疲れた時はがんばっている自分へのご褒美として、入浴剤を入れます。

 

入浴剤といっても、今はいろいろな種類のものが売られているようです。

1.無機塩類系入浴剤...市販されている入浴剤の中で、最も一般的なもの。ミネラルを多く含む。

2.炭酸ガス系入浴剤...湯船に入れると泡が発生するもの。

3.保湿剤入り入浴剤...肌の乾燥を防ぐ保湿剤が入っているもの。

4.バスソルト…香りのついた「塩」。

5.生薬入浴剤...植物由来の生薬が入ったもの。

6.水素入浴剤…全身の皮膚から水素を吸収することで、健康、美肌効果を狙ったもの。

 などなど。それぞれ効果が違うようですが、あんまり細かいことを考えずに、その日の体調、気分に合わせて直感で選んで使うのも楽しいです。

また入浴剤ではないですが、アロマオイルを垂らすという方法もあるようですね。

私の入浴剤好きは子供達も知っているので、誕生日プレゼントや母の日のプレゼントとして、いつも贈ってくれます。値段も手頃ですし、パッケージが素敵なものがたくさん売られているので、子供達も楽しんで選んでいるようです。

先日は「だし汁バスパウダー≪ラーメンの湯≫」というのを入れてみましたが、こってりとした香りで、これはこれでおもしろかったです。しかし、爽やかな香りの方が、お勧めできるとは思います。

 

揚げなくてもおいしい!手作り低カロリーのコロッケ

コロッケが好きだけど、カロリーが気になる人や、調理後の油処理が面倒だなと思っている人にお勧めな「揚げなくてもおいしい!手作り低カロリーコロッケ」です↓

 

f:id:pianobloom:20180614134528j:image

 作り方も簡単です。

 ①ジャガイモ4個の皮を剥き、水から茹でます。

②オーブントースターで、パン粉(カップ1杯くらい)を少し色づく程度に焼きます。(うちのトースターでは650Wで3~5分くらい)

③ ①のジャガイモに竹串を刺してスッと通るくらいになったらコンロの火を止めて、お湯を捨てて、その鍋でジャガイモをすりこぎで潰します。

④ジャガイモが潰せたら、鍋の端の方にドーナツ状に寄せて、コンロの火を中火くらいにして、中央に合い挽きミンチ(200㌘)を入れて、塩コショウ、ナツメグなどを入れて、色が変わるまで混ぜます。(ジャガイモも焦げないように少しずつミンチと混ぜていきます。)

⑤ミンチの色が変わり出したら、大さじ1~3

ぐらい牛乳を入れて、ジャガイモとしっかり混ぜながら、完全に火を通してから、コンロの火を止めます。

⑥ ⑤の粗熱がとれたら丸めて、まわりに②のパン粉をまぶして、オーブントースターに並べます。

⑦パン粉が色づくまで650Wで5~10分、オーブントースターで焼いたら出来上がりです。

 

我が家はコロッケは、お好み焼きソースを掛けて食べますが、他の家庭では醤油だったり、するのでしょうか?

コロッケ、我が家はよくリクエストされますが、度々揚げ物になることもあるので、出来れば揚げずに食べられるレシピがないかなぁと試行錯誤して、定番になったレシピです。

牛乳を入れるのは、「つなぎの役目」なので、ジャガイモの大きさや水分によって、量を調節してください。

 どんな食材でも、油で揚げるとおいしく感じられ、嫌いなものでも食べられるお子さんも多いと思います。私も揚げ物は大好きです。しかし揚げ物はおいしい反面、カロリーも高くなり、体重、体型がきになる人は、食べたくても諦めることも多いかもしれません。でもちょっと工夫することで、カロリーを減らせば我慢しなくてもおいしく食べられます。しかも簡単に作れて、低温による破裂の心配もないですし、油の後始末もなく、油の飛び跳ねの拭き取りもしなくていいので「揚げないコロッケ」はお勧めです。ぜひぜひ「手作り低カロリーコロッケ」にチャレンジしてみてください。

揚げていない分、あっさりしているせいか、家族もからこの作り方の方が好評です。

 

 

読んでよかった!「かがみの弧城」

新聞の新刊紹介を見て、気になったので、「かがみの弧城」(辻村深月:作)を読んでみました。

手にとってみると、なかなか分厚い。

私は読むのが遅いので、354ページ完読できるか不安な気持ちで読み始めましたが、物語にグイグイ引き込まれ、3日で読み終えました。(私にしては、めったにない早いペースです。)

 

物語は中学生7人を中心に、鏡の世界と現実世界を行ったり来たりしながらのファンタジーですが、社会問題をテーマにしていて、

読みやすいけれど、大人が読んでも深い内容だと思います。

小学校高学年くらいから大人まで、おすすめできる本で、さっそく我が家の中学生も読み始めています。彼女は一日で半分くらい読んだところのようですが、「おもしろい!」と言ってます。

 

梅雨時の家事の悩みを解消!速乾タオル

梅雨時の家事の悩みと言えば、洗濯物が乾かないことではないでしょうか?

そんな悩みを解消してくれる、マイクロファイバータオルという物を見つけました♪

 マイクロファイバーとは、ナイロンやポリエステルを原料とする合成繊維の一種で、極細繊維なのですが、さらに加工をほどこして吸水性と保湿性を高めているそうです。
そのためよく水を吸い、しかも軽くて温かく、また合成繊維なので、すぐ乾くとのこと。
メガネ拭き、雑巾、タオルや毛布、ヒートテックの下着などいろいろなものに利用されているそうです。

使い方として、少し注意が必要で、

①マイクロファーバー素材のタオルでお肌を擦ると傷めてしまうので、ポンポンと軽く押し当てるようにして体を拭いた方が良いようです。(我が家には肌の弱い家族がいますが、肌荒れが酷くなったということもないようです。)

②ネットに入れて洗濯し、高温になる乾燥機は使わない方が良いそうです。

 価格も普通のタオルとそれほど変わりませんし、マイクロファイバータオルはおすすめです!

綿100%も始めはフワフワで気持ちが良いのですが、時間が経つにつれてバリバリになってくるので、お風呂上りに体を拭いている時や、洗顔後、顔を拭いている時は、結構痛く感じます。そして雨が続く日の乾きの悪さ、生乾きの匂いを思うと、これからタオルを買いなおすなら、私はマイクロファイバータオルにしようと思います。

マイクロファイバータオル、家族は始め抵抗があったみたいですが、今では普通に使ってくれています。綿100%とは肌触り、吸水する感じが少し違うのですが、慣れたらこのマイクロファイバータオルの感じが当たり前に感じられると思います。

色もパステルカラーから、シックなものまであるようなので、好きな色で揃えていきたいと思います。


 

 


 

 

 

 

「当たり前」を疑ってみると、より快適な暮らしがあるかも

先週、リビングの模様替えを急遽することになって、「猫のトイレをリビングのどこにどの向きに置いたら人目につかないかなぁ…」と悩んであれこれ考えたのですが、昨日ふと「なぜリビングに猫のトイレを置かなきゃいけないんだろう?」と思い始めました。

 確か飼い始めた時は玄関に置いていたのですが、室内だけで飼おうと決めたのが、寒い真冬で、猫がおなかが緩くなることが多かったせいもあり、温かいリビングにトイレを置き始めて、今回「別にリビングに置かなくてもいいんじゃない?」と気づくのに約3年要してしまった…。今までは猫のトイレがお客さんの目に見えないように、ライティングビューローで隠すように置いていましたが、その分部屋も狭くなっていて...気づくまでに3年かかるなんて...自分でも驚いてしまいました。なんで、不思議に思わなかったのか、そのことが不思議でしょうがないです。

リビングに猫トイレを置いていたせいもあって、トイレ後に猫がカーペットを爪で毎回ひっかくので、カーペットの端がボロボロになってしまっていたのですが、今回18年ぶりにカーペットを替えることにしたので、猫のトイレを置く場所を玄関に変えました。

猫は模様替えを嫌うと聞いたことがあるので、初日はトイレに行ってくれなかったらどうしようかと心配しました。案の定、しばらくトイレに行ってくれなかったのですが、

さすがに我慢できなくなったのか、2日目ぐらいから新しい場所でトイレに行ってくれました。

玄関が匂うと嫌なので、ペット用の消臭剤を置き、トイレ後はペット消臭用スプレーをするようにすると、匂いもなく、家族からの苦情もない状態です。

リビングも広くなり、カーペットも引っ搔かれることもなくなり、きれいなままの状態でカーペットが敷けているので、なんで猫のトイレをリビング以外に置くことを今まで考えなかったのか、本当に不思議になります。

 他にも、自分が当たり前と思い込んでることで、ただ何となく流れでそうしているだけであって、改めて考えてみると「なぜ?」と不思議に思うような生活をしているような気がしてきました。そんなことをもう一度見直して変えてみることで、習慣、収納や生活の流れ、家計、人間関係もまた違ってきて、暮らしやすく生きやすくなる気がしてきました。

 

人生1度きりですので、限られた時間を大切に、楽しくすごせるようにするためにも、

「当たり前」と思い込んでいることを、考え直すことは大事だなと実感しました。

 

身近な食材で、調理時間が短縮できる、弁当作りの本

昨晩はかなり疲れていて、お弁当の用意をする気力が残っていない私でした…。購買のパンを買ってもらおうかとだいぶ迷ったのですが、それだと炭水化物ばかり摂ることになるしなぁ…と思いながら、井上かなえさんの「てんきち母ちゃんの朝10分、あるものだけで ほめられ弁当」を開くと、簡単で材料も家にあるレシピがあったので、なんとか作ることができました。

今回作ったのは、「高野豆腐の照り焼き丼」。


f:id:pianobloom:20180601092411j:image

 見た目は?ですが、高野豆腐を豚肉で巻いたものを甘辛醤油味で味付けしていて、長女の好物らしいです。

この本は、2年前、長女の高校入学時に買ったのですが、常備してある材料で簡単にできるメニューばかりなので、弁当作りに、かなり重宝しています。

我が家は3人分のお弁当を平日はほぼ毎日作るので、「朝10分」で作り上げるのは、さすがにできないのですが、肉、魚、野菜、卵のほかに、ベーコン、ちくわ、油揚げ、チーズ、わかめ、塩昆布、かつおぶし、すりごま、めんつゆ、マヨネーズ、ケチャップ、梅などの材料で、かなりのメニューが作れて、特別な材料を必要としなくてもつくれるのが、私はこの本の良い点だと思います。また、私の好きな「スープジャー」のレシピも少し載っています。

「てんきち母ちゃんの朝10分、あるものだけで ほめられ弁当」がかなり使いやすかったので、この本より先に出ている「てんきち母ちゃんの朝15分でお弁当」も購入して、この2冊で、お弁当作りをほぼ賄っています。

「てんきち母ちゃんの朝15分でお弁当」は、副題が「手間と時間はちょっとだけ!愛情他たっぷり!おっさん弁当」となっているのですが、こちらのレシピも高校生からも好評です。

忙しいときは冷凍食品もたまに使うのですが、やはり作った方が塩分も調節できますし、新鮮な材料を使うので栄養もありますし、手作りは化学的な味がしないらしく、おいしいと家族は言います。毎日隙間なくお弁当のおかずを用意するのは、大変で、時々「なんでもいいから、他人が作ってくれるご飯が食べたい」と思う日もあります。自分が高校生の時、朝は母がイライラしている日が時々あり、「お弁当箱に詰めるくらい、自分でしなさい!!」と言われた記憶があります。今なら、その気持ちもわからなくもないです。

でもやっぱり「おいしかった」と言われると作ってよかったなと感じます。おそらくお弁当作りも高校卒業するまでなので、期限があると思えば、がんばれそうな気もします。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/book/13389067/