ふわねこの母さん生活。

猫と家族との生活の中で、見つけたこと…家事が楽になる方法や、お勧めしたい本、簡単な弁当作りなどを紹介していきます。

S字フックを使って防災対策①

6月18日(月)に大阪で起きた地震を受けて、もう一度、家の中の地震対策を見直しています。

私の住んでいるところは、今後30年以内に震度7の揺れが70%の確率で起きると言われていて、(言われてから、もう何年も経っている…)、冷蔵庫や食器棚には、倒れないように転倒防止器具(ガムロック)を取り付けているのですが、食器棚の扉には何もしていなくて、食器が飛び出す対策は何もしてませんでした。というか、以前に「扉開き防止ストッパー」を探したこともあったのですが、市販されているものに取っ手や扉の凹凸が対応してなくて、それからすっかり忘れていました。

今回の地震で、「S字フックを使うことで食器棚の扉が開かずに済んだ人がいる」と、娘がSNSで知り、家に余ったS字フックがあったので、さっそく取り付けてみました。

 
f:id:pianobloom:20180621133031j:image

取っ手に引っ掛けるにはフックの丸い部分が小さかったので、ペンチで少し広げて、すぐ外れるわけでもなく、かといって扉を開けたい時はサッと外せるくらいに調節して、数分もかからずに取り付けられました。

ハンギングタイプの植木鉢を壁に掛けたり、調理器具、バッグ、帽子、ドライヤー、合羽などを掛けたりと、我が家で重宝しているS字フックですが、地震対策にも使えるとは思いつかなかったです。

どんなタイプの揺れでも開かないかというと、それはどうなるかわかりませんが、いちなりバンと開いて、お皿が飛び出すのは防げそうな気がします。

また更に食器棚の扉のガラスに「飛散防止フィルム」を貼る方が良さそうなのでフィルムを買ってはいるのですが、きれいに貼れなくて空気が入ったりすると、見た目が悪くなるので、まだ貼るに至ってません。

 本棚など、転倒防止対策を全くしてないものも我が家にはいくつかあるのですが、もし全部の家具に取り付けようとすると、一万円以上掛かることになってしまい、まだ購入できていません。今回の地震で本が落ちてきて亡くなられた方もいたようなので、何かしら対策を講じておきたいので、まずは安い粘着シートなどを使おうと思っています。

 

繰り返しにはなりますが、地震対策のグッズはほんとに値段が高いので、今回の食器棚のように、100円ショップで売られているものなど安く手に入るもので、防災できるとうれしいです…。

 

完全に対策することもできそうにないし、あれもできてないこれもできてないと思うと不安にもなりますが、家の中だけ万全にしても、どこで地震にあうかもわかりません。

今回の地震で亡くなられた方もいて、ニュースを見る度にやるせない気持ちになります。