ふわねこの母さん生活。

猫と家族との生活の中で、見つけたこと…家事が楽になる方法や、お勧めしたい本、簡単な弁当作りなどを紹介していきます。

猫のぬり絵でほっこりと…

最近、ふとしたことから「描いて楽しい なぞり猫」(イデタカコ 著)という本を見つけました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

描いて楽しい なぞり猫 [ イデ タカコ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)


 

 

左のページに見本があり、それを見ながら右のページの薄く書かれている線の上をボールペンや色鉛筆、カラーペンなどでなぞりながら色を塗っていくと、かわいい猫の絵が完成するという本です。

なぞり方のポイントがわかりやすく解説してあって、塗り方もシンプルなので、塗っていくうちにどんどんコツもつかめていけそうです。そして決められた塗り方もないので、自分で工夫しながら塗れるのもいいなぁと思います。

「描いて楽しい なぞり猫」の第2弾である「描いて楽しい もっと なぞり猫」を私は購入したのですが、59種類の猫の塗り絵がありました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

描いて楽しいもっとなぞり猫 [ イデタカコ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)


 

 

 

塗り絵の途中に、猫の様々なポーズや種類、行動について写真や説明が載っていて、さらに塗り絵のページ下には、猫にまつわる豆知識が書かれているので、猫好きさんには、その部分を読むだけでも楽しい本になっています。

「大人の塗り絵」は以前から人気がありますが、この本は著者のイデタカコさんがイラストレーター、猫画家ということもあるせいか、細かく塗らなくても完成するシンプルな塗り絵ですし、しっかり細かく塗ることもできそうです。

そして猫って、案外するどい眼差しの絵などもありますが、この本はかわいらしい表情ばかりです。

私は絵を普段描かないので、たまに親戚の子に、キャラクターを書いてあげようとすると、なかなかうまく掛けなくて、「こんな時に、ささっとかわいい絵が描けたらいいのになぁ…。」と思うことがあるのですが、この塗り絵なら、残念な気持ちにならずに、子供と一緒に塗り絵を楽しむこともできそうですし、大人一人で心静かに塗り絵をすることもできそうです。またリハビリとして塗り絵をされている高齢者の方にもおすすめできそうです。

眺めているだけでも、私はほっこりとした気分になったのですが、猫のかわいい表情やポーズを塗っているうちに「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」も分泌されそうな気がします。

 

塗り絵には、ストレス解消に良い効果があるようですが、長時間根詰めてしまったり、完璧さを求めると、逆にストレスの元となってしまうので、「もう少しやりたいなぁ」という程度で、少しずつ塗っていくのが良さそうです。

梅雨明け宣言も聞かれるようになり、本格的に夏が始まります。今年は暑い夏になりそうですし、家でのんびり過ごすにはおすすめです。