ふわねこの母さん生活。

猫と家族との生活の中で、見つけたこと…家事が楽になる方法や、お勧めしたい本、簡単な弁当作りなどを紹介していきます。

ぼくがきみを殺すまで(あさのあつこ著)

こんにちは。ふわねこの母さんです。

 

「ぼくがきみを殺すまで」という本、皆さんはもう読まれましたか?

 先日、新聞の新刊紹介の欄に、著者のインタビューが載っていて、興味を持ったので、さっそく読んでみました。

世の中では悲しいニュースがたくさん流れているので、本はハッピーな結末が好きな私ですが、今回、この本がどうしても読んでみたくなったのです。

手にすると、題といい装丁といい、少々不気味な感じ…。

おそるおそる読み始めると、最初の数ページで、少し怖くなってしまい、途中で読むのをやめようかと迷いつつも、物語の中にどんどん引き込まれていきました。

 

戦後世代の私にとっては、平凡な毎日を普通に過ごすことが当たり前ですが、一握りの人の手によって、知らない間に、当たり前ではなくなることを痛感させられます。

 

そしてそれを許してしまうのは、私達、一般市民の無関心…なんとかなるだろう…。

 

今、書かなければならないと思う作者の気持ちが、すごく伝わってきます。

 

戦争を起こすことが、いとも簡単で、普通に生きている市民がどんどん巻き込まれていく恐ろしさ、逆に平和を作って守り続けていく難しさを改めて感じます。

 

私達大人は、子供達のために、必死に知恵を絞って、平和を守り続けなければならないと改めて感じさせられる本でした。

中学生~大人が対象でしょうか。たくさんの人に読んで欲しい本です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくがきみを殺すまで [ あさのあつこ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/10/10時点)