ふわねこの母さん生活。

猫と家族との生活の中で、見つけたこと…家事が楽になる方法や、お勧めしたい本、簡単な弁当作りなどを紹介していきます。

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ(綿矢りさ著)を読みました。

高校生の娘から勧められた本で、始めは私が読んでも共感できるのかなぁと半信半疑でした。

 

この作品は映画化もされていて、娘は

小説を先に読んで面白く感じたので、映画もよかったと感じたようです。

私は先に映画を見かけて、興味が持てず途中でやめてしまいましたが、小説は始めから最後まで一気に読んでしまうほど面白かったです。

私は、断然小説の方をお勧めします!

 

映画は、主人公の変わったところばかりが目についてしまったのですが、小説の方はどこにでもいそうな、自分の中にもある性格や行動のように感じられて、読書と映像化の違いも面白く感じました。

 

また小説では言葉がリズムよく書かれていて、読んでいると爽快でした。そのせいで主人公の変わった考え方もすんなり受け入れられたのかもしれません。

綿矢さんは、言葉の選び方がすごい人なんだろうなぁ。

恋愛小説ですが、アラフィフの私も楽しめる作品でした。