大学進学・1人暮らしへの準備

2019年春に、長女Hが大学進学+1人暮らしを始めました。その際、準備の情報が少なくて困ったので、書いていきます。

一人暮らしのための部屋探し①

こんにちは。bloom*です。

 

県外の大学や、実家から通学できない場所にある大学に通う際は、大学の寮または1人暮らしを始めることになります。

 1人暮らしをするとなると、自分で様々な準備や手続きが必要になりますが、まずは、

部屋探しから始めなければなりません。

 1人暮らしのための部屋探し、何から始める?

f:id:pianobloom:20191020181704j:plain

1人暮らし

まずは、大学の寮にするか、賃貸の部屋にするか、決めることになるでしょう。

 

Hの場合は、大学に寮もあるのですが、入寮するには毎年かなりの倍率とのことでした。

また入寮が決まるのが後期試験結果発表後と遅く、引っ越し作業は決められた短時間内、住み始めると洗濯炊事は人が使っていない時間…と制約が多く、寮に入れなかった場合、数少ない残った賃貸物件から探すのは条件が悪そうに感じたので、寮の申し込みは諦めました。

寮のメリットは、下宿よりも安く、友達ができやすいということでしょう。

また大学によっては大学の真横にあって通学に困らない、寮母さんがいる…と利点も多いとは思います。

 賃貸物件のメリットは、自分のペースで自由に生活できることでしょう。

 賃貸物件に住むなら、何から始めればいいか?

 

まずは、部屋を選ぶ際の条件を書き出して、優先順位をつけて考えることが大切でしょう。

 

これは親が中心になって、調べて考えていく方がいいと私は思います。

受験生にはそんな余裕はとても無いですし、生活経験が少ない10代に任せるのは難しいと思います。

 

いつから賃貸物件を探し始めるか?

模試の判定、センター入試(2021年1月からは大学入学共通テスト)の自己採点などを参考にして、第1志望の大学に合格することを想定して、結果発表前に仮契約をしておくと、部屋探しをする際に慌てなくて済みます。

 

 ただ、仮契約していた人が入試結果発表後に手放して、良い物件に空きが出ることもあるので、条件が合わない物件を無理して仮契約しておく必要はないと思います。

 

最近は、ネットで部屋の間取り、内部の様子、また周辺の環境などが写真動画で見られるようになっていて、とても便利です。

 

同じ物件を数社扱っていることもありますが、オープンキャンパスの際に案内を配っていた会社の中で、一番親身になって相談に乗ってくれた不動産会社(以後M社)に、我が家は頼むことにしました。

(後で知ることになりましたが、Hの1歳年上の幼馴染みも同じ大学に通っていて、同じように一番親身になって相談に乗ってくれたからという理由で、M社の物件を契約していました。)

 

M社にいろいろ聞いてみてわかったことは、安い物件はやはり理由があるということです。

「飲み屋街が近く、土地勘のない女子大学生には勧めない」とか「風俗店が多い場所で、周辺の環境が合わなくて2年目に引っ越す人もいる」など、住んでみないとわからないことをリアルに教えてくれるのは有難かったです。

 

自分も子供も、縁もゆかりも無い土地に住むことになる場合、何かあった時に助けてもらえそうな不動産屋があることはとても心強く感じます。

 

f:id:pianobloom:20191020181854j:plain

1人暮らし時期

さて、M社との電話で言われたのは「賃貸物件は1月頃から動き出す」ということでした。

 確かに11月頃より1月を過ぎたあたりから、今まで出てなかった物件がネットで見られるようになっていました。

 

結局、我が家はネットだけでの判断でしたが、1月中旬にマンションの仮契約を済ませました。

ですが、もし実際に見に行けるなら、見てから契約することをお勧めします。

(ちなみにM社との仮契約は、1ヶ月分の家賃を仮払いし、住まなくなった場合は10%差し引いた金額が返金されるというシステムでした。)

 

また社会人用賃貸は、契約後すぐに入居しないといけないようです。合格発表後まで入居を待ってくれるのは、基本的には学生用賃貸だそうです。

 

部屋を決める際、条件の優先順位は、お子さんによってそれぞれ違いますが、ほとんどの人が初めての一人暮らしだと思うので、安心して暮らせるように整えてあげられたらいいなぁと思います。