大学進学・1人暮らしへの準備

2019年春に、長女Hが大学進学+1人暮らしを始めました。その際、準備の情報が少なくて困ったので、書いていきます。

高3の秋から国公立大二次試験まで

こんにちは。Bloom*です。

 

進学校に通う高校3年生は、10月頃からは大学受験一色の生活になります。

これから国公立大を受験する方の参考になればと思い、長女Hの経験を書いていきます。

高3秋から1月のセンター入試まで

f:id:pianobloom:20191023231354j:plain

大学受験

私立大AO入試、指定校推薦、推薦入試などで、早い人は年末までに進路が決まります。

 そんな中、国公立大受験する人(センターによる推薦入試、一般入試を受験する人)は、年末年始関係なく、学校の自習室やスーパーのフードコートで、塾に行っている人は塾の自習室で、一日中勉強をしているようでした。

またセンター入試前に、私立大の願書提出が始まります

(当然と言えばそうなのですが、先生から、それぞれの生徒に願書提出を促してはくれません。なので最後は自分で、どの大学をどの方式で受け、いつまでに提出するかしっかり把握して、準備していかなくてはなりません。

 

この頃のHの息抜きは、一緒に勉強をしている友達との、つかの間の休憩のたわいのない会話だったようです。

 

センター入試

インフルエンザにかかると、センター入試は受験できないことになっています。

本試験を条件できなかった人は、後日追試験を受けることができますが、本試験よりも難易度が上がるらしく、センター入試を無事に迎えられた時には、ひとつ関門を乗り越えたとホッとしました。

(進路が決まっている人も、10月に申し込んだ人はセンター入試を受験していました。)

 

センター入試後~国公立一般二次試験まで

国公立受験する人、私立大センター利用入試を受験する人は、センター入試の次の日に自己採点をします。

そして予備校が集計するシステムを使って、各大学の受験予定者のうち自分がどの位置にいるか把握した後、国公立大二次試験の願書提出の準備に入ります。

 

この時期に入ると、高校の授業は二次試験対策ばかりなので、進路が決まっている人は登校もほとんどしなくなります。

国公立でもセンターによる推薦入試で進路が決まる人が出てくる中、一般入試組はガランとした教室の中でがんばることになります。

ただでさえどんよりとした冬の季節なのに、子はもちろん、その話を聞く私も心が冷え切ってしまいそうでした。

 

センター入試と国公立の2次試験の間に、私立大の一般入試もあります。

Hはここで初めてK大に合格し、やっと、ほんとにやっと、一つ決まったという喜びで、非常に安堵しました。(ここまで来るのに、非常に長く感じました。)

 

2月下旬

本命の国立大学前期日程の二次試験を受けました。

この頃には、Hは前期でうまくいかなかったとしても、後期試験は受けないと言い出しました。

精神力も限界だったのが側で見ていてよくわかりました。

 

進路が決まった友達は、平日休日構わず旅行に行っている写真をSNSに度々載せるようになっています。そんな中2か月以上受験勉強をし続けるのは、とてもしんどかったと思います。

Hはなんとか前期試験で合格し、受験も3月頭の結果発表で終えることができましたが、後期試験を受ける人は、さらに3月半ばまでがんはり続けなくてはならず、最後は自分との戦いだと思いますが、どうか最後まであきらめず頑張り抜いて欲しいと思います。

 

f:id:pianobloom:20191023231421j:plain

大学受験


 

親にできること

  • 温かいご飯を作る
  • 不安な気持ちを吐露した時には、しっかり聞いてあげる
  • 試験直前の体調管理に気を付けてあげる

これくらいしかできないと痛感しました。

 

 あともう一つ重要なことは

親もしっかり情報収集する

 

受験する大学決めを子供に任せる、塾に任せるのは、後で後悔しかねないと思います。

私立大学は受験方式も様々あります。

子供の希望を一番大事にしつつ、子供の底力を信じつつ、過度に期待をせず高望みをしすぎず、伴走することが大切なように思います。

親の忍耐力も試される日々でした。