Bloom*の生活ブログ

長女が2019年春に大学進学・1人暮らしを始めた時のことや、おすすめな本、生活術について書いていきます。

自分の親が毒親だと気づいた時、どうすればいいのか

こんにちは、Bloom*です。

児童虐待のニュースをよく耳にしますが、「毒親」という言葉を聞いたことはありますか?

もし自分の親が「毒親」と気づいたら....というテーマで書いていきます。

 毒親とは

f:id:pianobloom:20191212141550j:plain

毒親とは

 私はつい最近まで、「毒親」という言葉をほとんど聞いたことがありませんでした。

しかし2週間ほど前に、自分の母親の態度に疑問を持ち、調べているうちに母は「毒親」なのではないかと思い当たりました。

 

毒親についてWikipedia の解説を引用させて頂きます↓

毒になる親(どくになるおや、toxic parents)は、毒親(どくおや)と略し、と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす、子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。1989年にスーザン・フォワード(Susan Forward)が作った言葉である[1]。学術用語ではない。の場合は毒母毒ママ[2]の場合は毒父[3]等と称されている。スーザン・フォワードは「子どもの人生を支配し、子どもに害悪を及ぼす親」を指す言葉として用いた。「毒親」に関する議論は、親の「自己愛」問題が主な共通点であり、自己愛的な親英語版について語られることが多い[4]。主に母親が対象として取り上げられる[4]。毒親に育てられたと考える人が、自らを毒親育ちと称することもある。

毒親 - Wikipedia

 

私は、自分の母親が「毒親」と気づくのに47年間もかかってしまいました。

ずっと信じ込んでいたのです。

「親とはうちの両親のような態度を取るものである。」

「他の人も、家で怖い思いや胃が痛くなるような思いで過ごしている時も多い」

「子供は親が不機嫌にならないように気を付けるものだ」と。

結婚後に夫の姉妹が、親に対して言いたいことを言っているのを見た時は、かなり驚きました。

「きつい姉妹だなぁ。」と。

でも今思えば、夫の家族の会話が、普通の家族なのかもしれません。

 

 毒親だと気付いたきっかけ

2週間前、県外で2人暮らしをしている両親とテレビ電話をしていた時でした。

向こうは70代の両親、こちら側は私と高校生の娘N。

母:「これあげる!」

母が嬉しそうに見せたものは、トイレに行った時にズボンの裾が床につかないようにするゴム製の紐のようなもので、先に布製のチューリップがついていました。

N:「いや〜、いいわ〜。」と困ったように断ると

母:「どうして?これすごく便利なんよ。」

私:「どうやって使うん?紐がゴム?」

母:「うん、ゴム。こうやって使うんよ。Nちゃんにあげるよ。」

N:「いや~、いいよ~。」と申し訳なさそうに断り

私:「確かにこれをカバンに入れているのを友達に見られて『これ何?』って聞かれたら答えにくいよね~。」と笑いながら言うと

 

急に怒りを爆発させて

母「もうええわ!絶対にあげんから。あんたら許さんからな!」

と別の部屋へ行きました。

 

仕方ないので父と全く別の話をしていて…

父(ぼそっと)「難しいなぁ…。後期高齢者はキレやすいからごめんね。」

 

それからしばらく父と普通に話していたら、部屋に母が戻ってきて

母「もう、あんたらとは縁を切るから!」

と言い放ち、私の話は一切受け付けないので、

私「自分の思い通りにいかないからって、怒ったらいけないんじゃないの?

そんなことで縁を切るんだね。まあそれじゃあ、FaceTime切るね。」

と言いました。

 

他人から見るとたぶん滑稽な会話でしょう?

たかがトイレに行く時につける紐ごときですよ。

母はNが喜ぶと思い込んでいたんでしょう。

それから4日後私がテレビ電話・LINE電話・携帯電話を掛けてもつながらないし、折り返しなんの連絡もなく、1週間後家へテレビ電話をした時も、母は出てきません。

 

父に電話をすると

父「たぶん、無視してるんだよ。相変わらず機嫌は悪いよ。こうやってS(私)と電話したことが母にわかると、またさらに機嫌が悪くなるからなぁ。何を言っても聞く耳を持たないし、直す気もないから変わらないと思うよ。」と諦めている様子。

 

思えば、このようなことは始めてではありませんでした。

だから認知症が始まったというわけではないでしょう。

私が母の思うように返答しなくて、怒りを爆発させることは今までに何度もありました。

他にも

  • 怒り出すと、3畳のウォークインクローゼットの隅に追いやり、長時間罵声を浴びせる。
  • 平手で叩く。手を振り上げて叩くフリをする。
  • 洋裁の裁ちばさみを投げる。
  • 小2の時「勉強しようかな」と言ったら、いきなり「精神病院に連れて行こうか!」と言う。
  • 近所人の前で、私の横でさんざん私の悪口を連ねる。
  • 子供が乳児の頃、母が電話を掛けてきて、子供が寝ているので小さい声で電話に出ると「もう、ええわ!!」といきなり怒り電話を切る。
  • 友人との人間関係の相談をしてきて、母の味方をしなかったらキレる。
  • (理由は忘れましたが)「もう死ぬ」と電話で言い電話を切る。
  • 父と喧嘩をしたり、腹を立てると家出をする。

「そんなに自分が悪いことを言ったのかな?」と不思議に思いながらも、「自分が悪いから母を怒らせてしまったんだ」と47年間ずっと思っていました。

鈍感と言えば自分でも笑えるくらい鈍感ですが、たぶん「毒親」に育てられた人は、「自分がいけない」と思い込んでしまうと思います。

なぜなら普段は明るくて面白くて、料理も洋裁もできて頭もいい母だからです。

 

でも今ははっきりと言えます。

親が怒りを爆発させている時、自分が悪い時ばかりではないんです。

もし同じような目に合っている人がいたら、自分を責めないで欲しいです。

そしてこういう子育てをしている家庭は普通ではないのです。

毒親との関係をどう対処していけばいいのか

毒親を変えようとしない

 いろいろ調べましたが、毒親を変えることは難しいらしいです。

確かに母は、今回LINE上では謝罪文を送ってきました(私が決別宣言みたいな文をTwitterに書いたので)。えらく他人行儀な文でした。

その後の私が書いたLINEは丸一日未読無視、その後は既読無視しているので、たぶん私の思っていることを理解する気はないんでしょう。

Nへの謝罪も、私が言うまでしなかったので、自分がいけなかったとは思っていないでしょう。

そして虐待される子達もそうでしょうが、もう片方の親が何か対応してくれると思ったらそうではありません。父も何もしてはくれません。

父は若い頃はいけない所もあったと反省もしているらしく、今は口答えをせず我慢し、私の味方をすると母がキレるので触れないようにしているようです。

 毒親に復讐してはいけない

自分が毒親と同じタイプの人間にならないためにも、復讐をしてはいけない。

これは難しいですが、自分が自分であるためには乗り越えないといけないことです。

今の自分を毒親のせいにしない

今の自分の状態を毒親のせいにしたくなります。

でもそれでは「毒親」にとらわれ続けているということになります。

「毒親」の支配を避けるために、毒親のせいにしてはいけないらしいです。

毒親には関わらない

毒親とは、距離を置くことが一番いいようです。

簡単に割り切れない思いではありますが....。

母は、今までに数人の友人から縁を切られ、弟の葬儀にも出席させてもらえなかった人です。

今までかわいいそうだと話を聞いて共感してきたつもりですが、今回その理由が母にもあるように感じました。

自分の親が周りの人から距離を置かれていたら、毒親の可能性があるかもしれません。

毒親に悩んでいる人へ

f:id:pianobloom:20191212141618j:plain

毒親から心も体も離れる

今現在、毒親に悩まされている子供も、少なからずいるはずです。

そういう人たちには「自分がいけないんだ」と思い込まなくていいと伝えたいです。

 

毒親から少しでも早く自立するために、義務教育の間は力をつけていくことが大事だと思います。

そして自分の価値観で生きていけるように、本をたくさん読んでください。

毒親に育てられると、自分をゆがめられます。親の価値観を植え付けられます。

親の価値観の殻を破るためにも、

読書をたくさんしてください。

読書をすることで、様々なアドヴァイスを得ることができます。

広い世の中のことを知って、本当の自分の生きる道を探して欲しいです。

そして一人で生きているいける日が来たら、毒親から離れて自分の道を歩んでいってください。