Bloom*の生活ブログ

長女が2019年春に大学進学・1人暮らしを始めた時のことや、おすすめな本、生活術について書いていきます。

賃貸マンションの選び方「インターネット完備」「インターネット対応」の違いと、ネット環境のおすすめな方法

こんにちは、Bloom*です。

インターネットがつながる環境が、今や当たり前の世の中になりました。

一人暮らしの賃貸マンションによっては「インターネット完備」「インターネット対応」などと書かれた物件があります。

それぞれの意味やメリットやデメリットをまとめ、「完備」「対応」どちらの場合でもネット環境のおすすめな方法を書いていきます。

賃貸物件 「インターネット完備」のメリット・デメリット

f:id:pianobloom:20191124181935j:plain

インターネット

「インターネット完備」の場合は、入居者は、LANケーブルとパソコンをつなぐだけですぐ使えるのがメリットです。

回線工事やプロバイダとの契約は必要ありませんが、インターネット料金が家賃に上乗せされていることもあります。またネット回線を同じ建物の住民で共用するので、通信速度が遅い時間帯が出てくることもあるかもしれません。

 賃貸物件「インターネット対応」のメリット・デメリット

「インターネット対応」の場合、マンションの共用スペースまで回線が来ている状態です。

プロバイダを自分で選び、回線工事の手配や立ち合いをする必要がありますプロバイダを自分で選ぶことができるのは利点ですが、月々のプロバイダ使用量が発生します。

 

「インターネット完備」で回線速度が遅い場合や、「インターネット対応」マンションの場合の手段として、おすすめな方法

f:id:pianobloom:20191124182024j:plain

インターネット モバイルwifi

それはモバイルWiFiを使うという方法です。

モバイルWiFiのいい点は、回線工事の手配や立ち合いをしなくて済み、建物以外でも持ち運べばいつでも使えるという点です。

 長女Hも現在「モバイルWiFi」のギガ使い放題のプランで、スマホもパソコンもストレスなく使っています。

モバイルWiFiの料金は一か月3500円前後で、Hの場合はスマホ格安SIM代も合わせると、毎月5000円もかからないくらいの費用で抑えられます。

ただ一つのデメリットは、外ではWiFi(スマホ一つ分くらいの大きさで重さ)を持ち歩くので、一つ荷物が増えてしまう点です。

HがモバイルWiFiを使うようになった経緯

マンションは「インターネット対応」でして、いくつかの中からをプロバイダを選ぶことができましたが、いずれもモバイルWiFiと同じくらいの使用料金でした。

一人暮らしを始めたばかりの不慣れな土地で、回線工事に女の一人で立ち会わせることに不安に感じ、また家の外では回線が使えないことがネックでした。

 

そこで始めはスマホの格安SIMのプランを変更して、使えるギガを増やしてみました。スマホでデザリングをして、家でパソコンで宿題を提出したりしていましたが、通信速度が遅いと言い出しました。

その後いろいろ調べた結果、モバイルWiFiを使ってみることにしました。

モバイルWiFiの会社もいろいろあり、Hも今の会社にたどり着くまでいくつか試しました。

その経過は次のブログに書いています。

piece.piano-bloom.net