Bloom*の生活ブログ

長女が2019年春に大学進学・1人暮らしを始めた時のことや、おすすめな本、生活術について書いていきます。

クリスマスが近づいてくると聴きたくなる洋楽

こんにちは、Bloom*です。

街のイルミネーションが光り輝く時期になってきました。

クリスマスが近づいてくる度に思い出して、聴きたくなる洋楽のCDが私にはあります。

クリスマスソングではないものもありますが、

「クリスマスになると聴きたくなる」というポイントで、紹介してみます。

 クリスマスが近づくと聴きたくなる洋楽3選

f:id:pianobloom:20191128232007j:plain

クリスマスソング

Norah Jones -「Don't know Why」

www.youtube.com

アメリカに住んでいた頃、クリスマスシーズンになるとラジオから度々流れていた曲です。

Norah Jonesのスモーキーな歌声と、バックのアコースティックな演奏が美しく、心に溶け込んでいくような曲です。

静かな曲でありながら、一度聴くと忘れられない印象的な美しい曲です。

 

この曲は「Come away with me」というアルバムの最初の曲としても収録されています。


 

 

14曲全ての曲がアコースティックなサウンドです。

そのせいか「Don't Know why」以外の曲もクリスマスの雰囲気にとても合います。

静かに一人で過ごしたい時、大切な人と過ごしたい時、ワインを片手に聴きたい時、私の一押しのアルバムです。

 

Wham!-Last Christmas

www.youtube.com

この曲は、私が紹介するまでもないくらい有名な曲ですね。

いろんな人がカバーしていますが、Taylor Swiftのカバーも私は好きです。

 

www.youtube.com

 

 

Taylor Swiftは10年くらい前は「カントリー歌手」として認知されていました。今や世界的アーティストとなり、曲調もテクノポップに変わってきています。

このLast Christmasはカントリー歌手時代のものですが、Wham!とはまた違った魅力のある歌声です。

Earl Klugh-Someday My Prince Will Come

www.youtube.com

 

この曲は、ディズニー映画「白雪姫」の挿入歌です。

クリスマスソングではないですが、ソロギターの温かみのある音が、クリスマスの夜にとても合います。

この演奏は下記のCDに収録されています。

本当に何回も何回も聴いた、私の大好きなアルバムです。


 

 

 

まとめ

f:id:pianobloom:20191128232041j:plain

クリスマスソング

私にとって思い入れのある「クリスマスソング」を選ばせて頂きました。きっと皆さんの中にも、特別な「クリスマスソング」があるのではないでしょうか?

 

私の子供のクリスマスプレゼントはTaylor SwiftのCDだった時があります。このCDを聴く度に、懐かしくその当時の生活を思い出し、思い出話に花が咲きます。

今は大学生となり、一人暮らしをしていますが、そのCDと一緒に引っ越していきました。

 

「師走」の忙しさの中にも、自分を緩める時間を見つけて、好きな音楽とともに過ごしてみてくださいね。