Bloom*の生活ブログ

長女が2019年春に大学進学・1人暮らしを始めた時のことや、おすすめな本、生活術について書いていきます。

大学生1人暮らしに必要なものリストと購入費用

こんにちは。Bloom*です。

 

大学進学が決まり、一人暮らしを始めるにあたっては、家電・家具などを買い揃えることになります。参考までに長女Hが購入したものと費用を書き出してみます。

 一人暮らしをするにあたって購入・準備したもの

f:id:pianobloom:20191113145930j:plain

1人暮らし

 大学生協で購入したもの

  • 洗濯機…39800円
  • 冷蔵庫…47900円
  • 炊飯器…12800円
  • 電気ケトル…4980円
  • テレビ24型…38800円
  • テレビ録画用外付けHDD…13800円
  • オーブンレンジ…47900円

合計…181980円

 

ネット通販で購入したもの

  • テレビ台…9000円
  • ローテーブル…7398円
  • ベッド…12780円
  • 折り畳みマットレス…3999円
  • 洗濯物干し(お風呂突っ張り棒、ベランダ用)…1650円
  • 姿見鏡...3990円
  • ハンディスチーマー(アイロン)…6913円
  • タオル
  • 包丁…2013円
  • スカートハンガー…831円
  • スラックスハンガー…831円
  • カラーボックス2つ...12091円
  • カーテン…15246円
  • 座椅子…3231円

合計…約8万円

家にあるものを持って行ったもの

  • 布団

お店で購入したもの

  • ボウル
  • ざる
  • テフロン鍋(フライパンとしても使えるタイプ)
  • ハンガー

 

f:id:pianobloom:20191113150010j:plain

1人暮らし 賃貸

準備物をどのように揃えるのがベストなのか

大学生協は、少しずつ値段は高いのですが、学生さんにとっては有難いサービスが魅力でした。(大学によって少しずつサービスは変わってきます。)

Hの大学では生協で購入すると、1080円追加料金を払うことで、設置・組み立て・段ボール回収も行ってくれました。また壊れた時には、大学生協の受付に連絡すれば、修理依頼を代行してくれるシステムがあり、近くに電気屋もなかったので、家電はほとんど大学生協で購入しました。(Hは使い始めて1ヶ月もたたないうちに、テレビ録画用HDDが壊れたのですが、修理依頼代行サービスですぐに対応してもらえて有難かったです。)

また大学生協で、家電+家具+布団がセットになったものを販売していることもあります。別の大学に通う友人はこれを利用したそうです。値段は少しお得になりますし、短時間で準備をしたい人は助かると思います。

Hのマンションは部屋が狭いので、家具などはサイズがぴったり合うものネット通販で探しました。

ネット通販で家具を揃えた人は、私の周りにはいなかったのですが、日付指定をすれば

家具を一度に運んでもらえるので、ホームセンターなどで揃えるのと同じ感覚で用意することができました。

ニトリで家具や家電を揃えた人は多いと思います。

我が家の近くにニトリがないので購入しなかったのですが、ニトリは安く、インテリア性も高いので、学生さんには好まれていると思います。

電気屋で家電を揃える人も多いようです。私も2月の終わりごろに電気屋に行った時に、「家電を予約、配達日指定してしている人が多く、3月終わり~4月始め頃は配達できる日が少なくなってます。」と店員さんから言われました。

AO入試、推薦入試で秋から年明けに進路が決まった人が先に予約を始めているのでしょう。

ですが国公立一般入試組の人は、合格発表後に用意を始めても、ちゃんと準備はできますので、慌てて予約しなくても大丈夫です