Bloom*の生活ブログ

長女が2019年春に大学進学・1人暮らしを始めた時のことや、おすすめな本、生活術について書いていきます。

初めての単身引っ越し、引っ越し費用を安くする

こんにちは、Bloom*です。

大学合格とともに入学手続き、そして1人暮らしを始めるお子さんは引越し作業を始めることになります。

国公立大学の後期試験で合格した場合は短期間で済ませなければなりません。

物入りの時期でもあるので少しでも安く、そして楽に引っ越しを済ませる方法を書いていきます。

 

 

初めての単身引っ越しをする前に

f:id:pianobloom:20191130232206j:plain

単身引っ越し

引っ越し業者に依頼すると

人生で4回引っ越しを経験した私は「引っ越しは引越し業者に頼むのが当たり前」と思っていました。

そこで長女Hが一人暮らしを始める際も、引越し業者を選ぶことから始めました。

ネットの見積もり検索で調べてみると、2月末~4月の繁忙期は引っ越し代が値上がりし、単身でも5万円前後するということがわかりました。

そしてこの年は引越し業務をストップしていた会社もあったので、希望した日に引っ越し業者に届けてもらえない可能性もあり、また例年よりも引っ越し代も高くなることが予想されました。

まず実家から一人暮らしの家へ 運ぶ荷物の量を書き出してみる

 

引っ越し業者や運送方法を決める前に、「どのくらいの荷物の量があるか」書き出してみることにしました。

  • 始めて実家を出て一人暮らしをする場合は、家電は新居近くのお店や大学生協で調達したり、地元の電器屋で注文し配達してもらうことが多いです。

   つまり家電を荷物として送ることはないです。

  • 新大学生で実家から持って行くものは、衣類や入学式準備物(スーツ+カバン+靴+コート)、身の回り品がほとんどです。

  (うちは布団も持って行きました。)

高校時代に使っていた体操服、体育館シューズを使う大学も多いようです。捨てずにとっておきましょう。

  • 調理器具など生活用品は、新居の近くにお店があれば現地で買えます。

 初めて1人暮らしをする時の荷物の量は、意外と少ないです。

単身引っ越しの安い方法は

①自分たちで車で運ぶ

 車で行ける距離で回数が少なくて済む量なら、車で運ぶと安く済みます。

段ボールを用意したり、梱包、部屋までの運び入れは自分達ですることになります。

 

②赤帽を利用する

「赤帽」は全国赤帽軽自動車運送協同組合のことで、個人事業主として運送業務を行っている人達の組合です。

業者に頼む中では、赤帽は引越し費用が安く済むことが多いです。新居まで赤帽の車に乗せてもらうこともできますし、宅急便で運べない大きなものを運ぶこともできます。

梱包など引っ越し作業を一緒にしなければならない場合もあります。

引越し・配送は赤帽へ

 ③宅急便(ヤマト運輸)、宅配便(ヤマト運輸以外)で送る

荷物が少ない場合は宅急便で送ると安く済みます。量が多くなると、高くつくこともあります。

料金・お届け予定日を調べる | ヤマト運輸

運賃・料金計算(ゆうパック) - 日本郵便

最後に 

 

f:id:pianobloom:20191130232232j:plain

単身引っ越し

他の人にどうしたのか聞いてみると、車で運んだ人が一番多いです。

我が家も、まず部屋の寸法を測るために行く際に車で荷物を運び、更に入学式に合わせて車で荷物を運び入れました。(車は大型ではないミニバンです。)

そして1回衣装ケースごと「ヤマト便」で配達してもらい終わりました。

 

費用を計算すると、高速道路代6000円×2回、ヤマト便約2000円、駐車場代(3日間)3600円で、引越し費用としては17600円でした。

 

新生活の準備は忙しいので、金額の検討をする時間があまりないかもしれません。

ですが何かと物入りな時期ですので、見積もりを数社とってみたり、他の方法と比べたりすると、納得のいく引っ越しができると思います。